2017.07.23

カメラ

ホームページ用の商品や店長日誌に使う写真を撮るカメラが
急に動かなくなった。(壊れた)Σ(|||▽||| )

画のない字だらけの店長日誌なんて...星のない夜空?

撮っている枚数が多いだけに定期的買い替えも楽しみの一つ?
(作業の写真はカメラがオイルまみれになることも)
しかし、絵心のある店長は画質にこだわるがゆえにデジカメも高級化と
お財布が気になる?(; ̄ー ̄川

最近はスマホや一眼やら持ち物も増えたのでここはスマホで頑張るか?

そこそこ写りもいいのだが、ネットに上げるにはメールで移動して
サイズ調整してとfacebookページのように簡単には行かない。

そうなるとイベントで活躍する本家一眼の登場か?
いや、オイルまみれだけは...(-“-;A

2017.07.22

バイク屋

ストリートファイターにアエラのエンジンガードの取付。

「自分でも出来そうですね?」といわれる作業は多々あるが
簡単そうに見えるのはバイク屋が作業しているから?

ドカ用のエンジンガードはフレームに貫通する2本のシャフトのうち1本を
エンジンガード用のシャフトの交換する。

普通にやるとシャフトを抜いた瞬間エンジンとフレームの穴がずれる。
もし、一人でやっていたら...持ち上げることも難しいのでレッカー?

ジャッキなどでエンジンをホールドしていないとエンジンの重さで
フレームと穴がずれる。しかも近年のドカのシャフトナットは15mm。
アエラのナットは16mmなので、やる前に断念することに。

普通の工具セットに入っているサイズは8/10/12/14/17/19mmあたり。
(普通の人が外せないよう15mmにしてるのか?(昔は14mm))

久々登場した15/16mmのソケット。

最後の締付はトルクレンチで

ジャッキやソケットなどの工具に加え、ロック材やグリスなどの
油脂類など、そのパーツを100%しっかりつけて100%性能を出すには
道具もちゃんとしたものがいるが、スキルもいる。

最近は道具もスキルもないところがお店を出すことも多いので
それだったら自分でという人も増えれいるのかもしれない?
(自分でやって傷だらけになっちゃった、壊しちゃった、頼めばよかったって
パターンも多いです (>▽<;; )

2017.07.20

御忍び

明日から大体の学校が夏休み!(大人には関係ないですが...(-“-;A)
みなさんも、大人の夏休みは少しあると思いますがツーリングの
計画など予定はありますか?

いまETCを装着した2輪車対象でこんなキャンペーンをやっている。

2日間、対象エリア内で何回乗り降りしても、¥2500!

4つのブロックがあり行く方面に合わせてうまく利用すれば
安く・速くツーリングがこなせる。

関越道・上信越道・東北道コース
東北道・常磐道コース
東関東道・館山道コース
東名・中央道コース

店長もツーリングの下見と称して(; ̄ー ̄A、東北道・常磐道コース?を使って
秘密のプランを計画中。

通常はお店の最寄の穴川から東北道の端(宇都宮)まで
片道¥4100(往復¥8200)が¥2500!

県内で館山道コース使っても意味ないと思いきや
最寄の穴川から館山道の端(富浦)まで
片道¥1860(往復¥3720)が¥2500!

どのコースも事前に申込が必要なので使いたいプランが決まったら
お申込を忘れずに!

周遊エリア内のSA・PAで優待特典もあるらしい。
(これも事前にプリントアウトなど必要)

で、店長どこ行くかって?
ついてこれたら全てわかる ( ̄∇+ ̄)v

その前に休めるかって? (>▽<;;

2017.07.16

夏季集中講座?

猛暑がつづく三連休のなか日。
飛び込み整備も暑さでボチボチなのでピットにこもって
夏季集中講座ならぬエンジン整備モード。

ドゥカティのバルブステムシール。
外すときはエスパー?(コツ)がいる。(簡単に取れないということ)
とくにDESMOSEDICI RRはシリンダーヘッド内に潜っているので
強烈なエスパーがいる?

苦労して取った形跡が...

国産モデルは、はめるときも、外すときも手で簡単に出来るが
ドゥカティの場合、はめるときは専用工具で叩く。

他にも特徴的なところがある。
値段も国産は1個大体400円(CBR1000RRとか4気筒16バルブでも¥6400)
ドカは
ツインエンジンで1個約2000円。(いまは空冷も水冷も同じ)
これが空冷が4個(¥8000)水冷は8個。(¥16000)
DESMOSEDICI RRは約3000円で、これが16個必要。(¥48000)

ここに2台分あるのでこれだけで10万近い...(・_・;
夏季講習とどっちが高いのか?

2017.07.14

金曜プレミアム劇場 逆さま刑事シリーズ 916編

今夜も引き続き捜査が...

出来るだけ未然解決をいや、快調に乗ってもらうために
正しい情報を。

916シリーズも乾式クラッチなのでクラッチの逆さま事件に
巻き込まれないようにしなくてはならないが他にも逆さまに
なっているものが...

916シリーズは748/916/996/998まで統一のエアダクト。

2ピース構造で分解すると中にエアクリーナーが入っている。

このエアクリーナーは平らなのでどちらの向きでも
取付が出来る。はずがない!(が、無理にやれば付いてしまう(-“-;A)

スポンジの形状は表裏同じだがスポンジを挟む骨組みになる
プラスチック部品は表側に付くモノと裏側に付くモノで形状が違う。

表側(吸入口側)

裏側(インジェクション側)

裏側(インジェクション側)のほうが、よりスポンジのサイズに近い。

取付ける前に純正品番を確認すればよいのだが、たまに
ラベルと中味が違うこともあるので (>▽<;;
指さし確認は必要!

そして、このエアダクトに付くウインカー。

これも、上下前後左右同じように見えるが上下がある。
こっちが上側

こっちが下側

メーカーの思惑は不明なので推測だが水抜きの穴?
だから上に向いていたら雨やら洗車やらの水はどっぷり入ってしまう。
916シリーズ(他の機種も同様)オーナーの方は、この3連休に
チェックしてみよう!
穴が上を向いていたら恥ずかしいので(///o///)左右入れ替えて
穴を下にしましょ~

そして(まだあるのかw( ̄▽ ̄;)w)
あまりありえないがここが逆さまな事件が先週末起こった...ん?どこ?

片持ちスイングアームはチェーン調整時に真後ろに引くことが出来ないので
ハブが偏芯することでチェーンを張っている。
しかし、回し過ぎて180°反対になるとチェーンが同じように張れるが
車高が下がりスイングアームにリアキャリパーが...
本当はキャリパーブラケットがストッパーになり180°ターンはできないが
一部の機種で出来てしまうケースも。

916シリーズではないが、1098シリーズや1199シリーズも含め
最近のモデルはフロントホイールやフロントディスクが逆でも
組立出来て走行も出来てしまう。

バイクのパーツは見た目が同じでも表裏、回転(進行)方向、順番が
たくさんあることを知っていてほしい。

つづかない(やっぱりシリーズ化はしんどい(; ̄ー ̄A)

 

 

Next »