Home > PANIGALE
2021.06.26

フルチューン?

PANIGALEになってから、ハンドルがかなり肉抜きしてあるので
立ちごけでも折れたり、割れたりする。

これくらいだと、走っていても気が付かない。

さらに、V4は相当ハンドルの末端が肉抜きしてあるので
注意が必要。
最近、アクセルが重いな?って感じている人はもしかしたら
バーエンドの締め過ぎかも?最近バーエンドを変えたり
レバーガードをつけた後から、スロットルが重いな~って
感じたら一度ネジを少し緩めてチェック!
(肉厚がないので、きつく締めると内径が広がる)

昔はワイヤーが錆びてアクセルが重いってことは多く
ワイヤー交換や給油で解決していたが
現在は電子スロットルでドカはワイヤーがないので
重くならないはずなので、締め過ぎや、組み付け不良があれば
重くなります。他にもドカの場合、グリップとバーエンドが近く
握り方で、グリップのゴムが抜けてくるとバーエンドに接触し
戻りが重くなります。
グリップとバーエンドが同じくらいの径はなりがち

1198までのバーエンドがグリップの内径と同じだとならない。

グリップを交換したリ
バーエンドを交換した時もクリアランスチェックは必須!

アクセルが軽いと、めっちゃ気持ちいいです。

結構オイル交換とか、点検で来店したお客さんなども重いことがあり
グリップをバーエンドに当たらないところまで戻して上げると
「めちゃめちゃエンジン調子よくなりました~」
「どんなセッティングしたんですか?」
とよく言われる…(-“-;A

(空気圧も、全然入ってない人に入れると同じようなこと言われる)

2021.06.20

解析

店長日誌も進むか?と発したものの
連日、電装系修理で思ったように作業進まず。

5台入ってきても、3台くらいしかできないので
2台づつ溜まる?(数学的に永久に終わらない?)

嘆いていても、何も変わらないのでお客さんの
応援を励みに頑張る。

店長日誌も、もう15年(-“-;A
そろそろ、ドラマ化?

お客さんは数少ないDUCATIのメカニカル情報やトラブル情報を求めてる?
”楽しく拝見”ということは店長のバカっぽいところが支持されている(; ̄ー ̄A
店長日誌は店長の人柄が伝えられるような感じでいきます。
(HOBBYネタも交えながら)


この前の、ライセンス更新かねてPANIGALE V4Sで初走行したが
GPSがうまい事作動せずデーター取り失敗。


ラップもラインも測定できなかったはじめての走行だったが、気になるところが2つ。

ギヤがロング(ハイギヤ)過ぎて加減速にタイムラグがあるのと
サスペンションがフワフワ?
(逆にツーリングはこの2つが作用して見た目より乗りやすい)

ギヤは煮詰める必要があるが2Tくらいショートに
(リアはノーマルが39Tなので41Tくらい)したい。
走行して2T変更で合わない場合は容易に変更できる
STMならば1T刻みで変えられる。在庫切れになりやすいので
今回はかなり補充。


サスペンションの設定は電子制御なのでRACEモードの標準からスタートしたが
V4Sは1199Sなどと違い、2種類の設定が。
FixedサスペンションとDynamivサスペンション。
今までの一般的な伸側、圧側調整がFixedサスペンション。
今回、新たに追加されたモード?がDynamicサスペンション。

これが、走行時はDynamicサスペンションになっていた。

通常画面でDES DとなっているとDynamicサスペンション。
DES FとなっていればFixedサスペンション。

Dynamicサスペンションの設定画面を開くとバイクの絵と
調整の個所が水色に。

調整範囲の表示を見るとCOMFORT?快適さ?
RACEモードなのに結構COMFORT寄り?

店の中古車は3台ともDynamicサスペンションになっていたということは
初期設定がDynamicサスペンションか?

Dynamicサスペンションはもう少し解析する必要がある。

2021.06.10

更新

去年の10月から一度も走っていないのだが...

ほぼ月休2日制が定着しつつあるが、消化しきれてない(-“-;A

セッティングデーター取りと称してというか
メカニックも工具の一部みたいなものなので
診断能力を高めるための取り組み?休み消化?

ミラー取って

ナンバー取って

お忍び診断能力アップ走行敢行?

いやいや、ちょっと更新してくるだけ?(; ̄ー ̄A

2021.05.07

V4の真実

お店のGW?休業は今日までだが現状休んでいる場合ではなく
引き上げや、オークション、パーツの更新。

とほぼほぼフル稼働ななか1日だけお客さんとツーリングが可能に。


GW中は午後から雷雨が多く、密も避けるため、観光なし、グルメなしの
走り中心。それでも、芦ノ湖スカイラインから伊豆スカイラインの
眺めは圧巻。車も多かったので、珍しく景色を堪能しながらライディング。

今回は10台のうちPANIGALE V4が4台参加。
もちろん、試乗してもらいしっかり営業。

店長もデモ車でV4攻略のため、走り込み?
(もちろんセールスのため(; ̄ー ̄A)
しかし、なにかまだしっくりと来ない。
214psはなかなか引き出せないとはわかっているが
そこそこ回しているものの、速さは体感しているものの
どうも、マシンとの一体感が得られない。

走っているとまともに見れないタコメーター。
よーく見ると張りが真上にきて11000rpm。
頑張って、それくらいは回しているのだが...(-“-;A

最高出力
214PS@13,000rpm

最大トルク
12.6kgm@10,000 rpm

雲行きが怪しくなってきたので、渋滞にもはまらないよう
早目に戻るもGW渋滞はあったが首都高からは空いてきたので
V4の性能確認?

クルージングの6速低回転ではホントにツーリングモードで
静かに、楽に走行できるが、店長が確認したいところは
そこではないのでギヤを落とし3速へ。
こんな時もオートブリッパ―でクラッチも切らず
足の操作だけで、ボン!ボン!ボン!と気持ちよくダウン。

そこからフルスロットル?
「ん???」
「加速しない?」

こんなにガラガラなのに

店長の視線が右手を確認すると、じ、じ、人力リミッターが(-“-;A
あまりの速さに3/4開度?いや、1/2開度?

おそらく3速ではとんでもない速度でフロントが浮いてきそうなので
急きょ2速に。ようやく、人力リミッターが解除され
タコメーターの針が11000rpmを超えた瞬間
タコメーターが真っ赤な花が咲くような表示に!
そう、これこれ。
ここまで、回すと車体・サスペンション・タイヤがシンクロした感じで
一体感が生まれてくる。

ということは山では全然使いきれていなかったということ?(; ̄ー ̄A

おそらく、このNT-Dモード
タコメーターが真っ赤になる状況はすでにオーナーの方でもなかなか見たことがないのでは?

V4は羊の皮をかぶった狼。
是非、回して、回して、真っ赤な花を開花させてほしい。

もちろん、ツーリング中心なら、早目にシフトアップして、高いギヤで
早目のスロットルオンでも楽しめます~

PANIGALE V4専門店?中古車強化中!

2021.03.25

中古車仕上げ

なかなか中古車仕上げまで手がまわらない...(-“-;A

日の入りの時間を気にしつつ、結構汚れているので本格的に

黒いパーツだけでもこんなに。

カウルの裏も

キャリパーも

予想通り、太陽が沈む(; ̄ー ̄A

錆びたチェーンも

ライテック御用達のDIDチェーンに交換。

何とか仕上がったので、明日昼間に撮影してネットにアップ予定。

Next »