Home > PANIGALE
2021.08.13

筑波ツーリスト・トロフィー in JULY 修復編

レースからずいぶん時間が経ってしまいずっと飛んだまんまの1299?
(1299にジャンプする装備は付いていません(-_-;))

続きを完了しないと、次に進めない?
復旧編はじまりはじまり(レースレポートはこちら

筑波の最終コーナーは140km/h前後でのコーナーリング。

転倒するとぐるぐる回ってライダーもバイクも大きな損傷になる。

今回はフロントから切れ込みそのまま右に倒れる
(ヘアピンなど低速コーナーならそれで済む)

がスピードが出ているのでリアが流れて回り出し

バイクが起き上がりハイサイド状態

だがそこそこ失速したため左に倒れたまま(それ以上回ることなく)グラベルへ

進入だったらクラッシュパッドまで突っ込んでいるが
旋回に入ってからの転倒で最終コーナーの割に軽症?
(ライダーのハートは重症?)

ハンドル折れ→スペアあり

固くて取れないバーエンドもないとスタート前チェックに通らないので
気合で外す。

ステップバーやレバーはスペアがあったがプラスアルファで破損。
シートカウルも大破。レースはガムテープというわけにはいかない。
今回、1台欠場した1199があったのでオーナーに協力してもらい
足りない部品は借りぐらしのアリエッティ?

シートカウル

レバー周り

ライダーも痛みを抱えながらも、タイヤについた草や土を掃除。

よし、これであとはステップだけ。

アエラのステップはベース以降でアッセンブリ交換すれば
時間短縮。決勝に間に合う?

ん?(-_-;)
合わない?

アエラのライディングステップは数回モデルチェンジしていてフレームにつく
ベースに対して、3ポジションの取付穴ピッチが2種類あり今回はモデルが
違うステップどうし。_| ̄|○ (整備の神様は休ませてくれない)

それじゃあベースも移植。と行きたいところだが
初期の1199用ステップベースは、1299に付けようとすると
ピポットパーツの出っ張りに干渉するため1299以降のステップは
ベースの裏側が削ってある。
(整備の神様はどうしても休ませたくないらしい)

なんとか、カラーなどでベース取付を嵩増しして装着。

ぶっつけ本番なのでチェンジ操作確認中。

みんなの力で、修復完了!
久々の裏方作業もいいものだ。
(最近耐久出てないのですっかりご無沙汰でした)

しかし、ぶっ通しで3時間近くの作業で乾ききった店長。
お客さんのドクターペッパーを奪って一気飲みしたのはないしょ

2021.07.18

筑波ツーリスト・トロフィー in JULY レポート

どうなった!?

結果を知らせたいところだが
早朝4時45分出発。
気温33℃。

睡眠不足と疲労と交戦中(-.ゞ ネムネム

2021.06.20

解析

店長日誌も進むか?と発したものの
連日、電装系修理で思ったように作業進まず。

5台入ってきても、3台くらいしかできないので
2台づつ溜まる?(数学的に永久に終わらない?)

嘆いていても、何も変わらないのでお客さんの
応援を励みに頑張る。

店長日誌も、もう15年(-“-;A
そろそろ、ドラマ化?

お客さんは数少ないDUCATIのメカニカル情報やトラブル情報を求めてる?
”楽しく拝見”ということは店長のバカっぽいところが支持されている(; ̄ー ̄A
店長日誌は店長の人柄が伝えられるような感じでいきます。
(HOBBYネタも交えながら)


この前の、ライセンス更新かねてPANIGALE V4Sで初走行したが
GPSがうまい事作動せずデーター取り失敗。


ラップもラインも測定できなかったはじめての走行だったが、気になるところが2つ。

ギヤがロング(ハイギヤ)過ぎて加減速にタイムラグがあるのと
サスペンションがフワフワ?
(逆にツーリングはこの2つが作用して見た目より乗りやすい)

ギヤは煮詰める必要があるが2Tくらいショートに
(リアはノーマルが39Tなので41Tくらい)したい。
走行して2T変更で合わない場合は容易に変更できる
STMならば1T刻みで変えられる。在庫切れになりやすいので
今回はかなり補充。


サスペンションの設定は電子制御なのでRACEモードの標準からスタートしたが
V4Sは1199Sなどと違い、2種類の設定が。
FixedサスペンションとDynamivサスペンション。
今までの一般的な伸側、圧側調整がFixedサスペンション。
今回、新たに追加されたモード?がDynamicサスペンション。

これが、走行時はDynamicサスペンションになっていた。

通常画面でDES DとなっているとDynamicサスペンション。
DES FとなっていればFixedサスペンション。

Dynamicサスペンションの設定画面を開くとバイクの絵と
調整の個所が水色に。

調整範囲の表示を見るとCOMFORT?快適さ?
RACEモードなのに結構COMFORT寄り?

店の中古車は3台ともDynamicサスペンションになっていたということは
初期設定がDynamicサスペンションか?

Dynamicサスペンションはもう少し解析する必要がある。

2021.06.10

更新

去年の10月から一度も走っていないのだが...

ほぼ月休2日制が定着しつつあるが、消化しきれてない(-“-;A

セッティングデーター取りと称してというか
メカニックも工具の一部みたいなものなので
診断能力を高めるための取り組み?休み消化?

ミラー取って

ナンバー取って

お忍び診断能力アップ走行敢行?

いやいや、ちょっと更新してくるだけ?(; ̄ー ̄A

2021.03.20

サンライズ

レース仕様の899PANIGALEにSTMスリッパークラッチを装着。

クラッチカバーを外して”サクサク”っと
(写真は1199にDUCABIKEのスケルトンカバー)

ん?”サクサク”っ...

899PANIGALEはクラッチカバーが一体...(-“-;A

ということはどうゆうことかというと
右エンジンカバーを外すということで~

右エンジンカバーを外すということは
ネジを外すということで~
Σ(oдΟ;)

Σ(oдΟ;)Σ(oдΟ;)

ネジを外すということは
マフラーとピポットプレートを外すということで~

かなり作業が増える...(; ̄ー ̄A

かなり作業が増えるということは
朝が来るということで~店長の長い1日の始まりである(-“-;A

寝台特急サンライズに乗って遠くに行きたい...

Next »