Home > バイク
2021.09.08

シム?

バイクの整備でちょくちょく聞くシム調整。

これはジム(GM)

こんな厚みの違うワッシャーで、隙間を調整する。

国産バイクだったら、バルブクリアランス調整くらい。

しかし、DUCATIだとバルブクリアランス以外に
エンジンを組み立てる際にクランクシャフトやロッカーアームシャフトや
ミッション。点火のタイミングを計るピックアップコイルなど
多数シムの調整が必要。

主に、不要な隙間を規定の隙間にしたり、左右のセンターを出すために
シムで調整するのだが、製造過程でパーツにバラつきがある場合も
シムで規定の隙間にする。

人によって作業する箇所(ほとんどだが)はその人の性格?でも
仕上がりにバラつきが出てしまう。

今回はスイングアーム交換時にシム調整。

エンジンとスイングアームの間に必要以上の隙間があれば調整する。

基準の1.8mmのシムを入れ、薄い0.1mmや0.2mmのシムで調整。

エンジンに関していえば、1199パニガーレからパーツ単品の精度が良く
シムはほぼ使っていないためどのバイクも個体差がなく故障も少ない。
(998以降パーツの精度向上)

それよりも、いつになっても中々抜けないピポットシャフト。(錆び?)

ようやく抜けた…(-_-;)

2021.09.02

大漁?

今日は業者オークションでオークション会場へ。

今回は久々、外すわけにはいかない大物が出品。
ライテックでしっかりメンテナンスして送り出さねばならない(使命感)
しかし、ちょっと朝寝坊(-_-;)

お目当ての車輌に間に合わない。
(最悪、移動中にネットで落札も出来るが高額なのでやはり見ないと)

通常は1時間で100台くらい”競り”が進むが現地に着くと30台ほど。
最近は通常オークションの前にプレミアムオークションという
大人の事情的オークションがあり、Kawasaki系の旧車や
HONDAの1980~90年台のレプリカが、200万だ500万だ1000万だと
長々と競っているので全然順番が進まない。(おかげで、間に合ったが)

ドカのほうが安い?高くても買う人がいるので、価格は上がる一方だ。
(最近ガンプラも同じで、全然買えずにアマゾンとかで3倍?)

店長のお目当てもプレミアムオークション(;´Д`A “`

目つぶって入札ボタン(1プッシュ¥3000)を押した結果

久々の大物。(もう一台は頼まれもの)

手に汗握る攻防で、ボタンしか押していないがおなかペコペコ。
会員は会場の食堂で¥3300分ただで、たくさんのメニューから
好きなものを選べる。寿司屋さんも入っていて
会員は会場に来るだけで(落札しなくとも)¥3300食べれる。
(これが目的な人も?まあ、毎月会費取られてるからその分回収?)

店長も普段お弁当が多いのでどうしても偏りがち。
魚が採りずらいので、鉄火丼¥1000とうな丼¥1900。(@_@)
調子に乗って、大漁といったものの
店に戻ると”生簀”が...いっぱい

2021.08.27

ダイブロス(タイムロス)

V4シリーズのフルエキ交換は、それなりに時間もかかるので
工賃も比例して高くなる。

だいぶ、時間がかかったが、冷却水を入れて(ラジエター外したので)
あとは、サイレンサーとカーボンヒートガードをペロッと付けるだけ。

サイレンサーは軽量なのでステーもビスもなく、スプリング2か所のみ

軽いとはいえ、すっとんでいかないか心配だが
ほぼ排気ガスはスルーなのでサイレンサーに抵抗なし?

30mmの入りしろを確認して、しっかり入っているか確認。
右のサイレンサーは、さくっと終了。

左は...(-_-;)
10mmも入らん。
短いサイレンサーでエキゾーストパイプも少しぐらぐらするので
力が入れずらい。

溶接の影響か全然入らない。(段が付いてる?)

やすりで、そう簡単には削れるはずもなく

汗だくになりながら気付けば1時間。

気付けばあと7mm。

もう一回外してヤスるか?
しかし、今度は外すのにもびくともしない。
入れることも外すことも出来ない。

かなりタイムロス。
でも、これは商品側の問題なので
時間がかかっても工賃はお客さんに請求できない。

サイレンサーの左右の位置がずれているので回したいが回らない。
もう一回外す。こうゆう作業は当然工賃に含まれている。

最近はバイクもパーツも仕上げがいまいちなものが多く
その割に価格が高く、仕上げと価格のバランスが
合っていないものが多い。高いなら、高いなりに
そのまま付くようにしっかり作り込んでほしい。

本来の作業でない部分に時間がとられるので
時間も体力もだいぶロス。
何度も外したから、手にマメが...(-_-;)

 

2021.08.24

パズル?

普通はネイキッドモデルの整備よりカウル付きの
スーパースポーツのほうが、カウルを外したりする分
工賃が増す。

例外として996やF4はクイックファスナーで
ネジの数も少なく
すぐにネイキッドになるのであまりネイキッドと変わらない?

ストリートファイターV4はネイキッド?

なはずだが、パズルか?っていうくらい
パニガーレ V4より外すものが多い?
外すネジも長さや形状が違うものも多く
数もパニの3倍?

ようやくラジエターまでたどり着くも

V4はストファイもパニもラジエター外さなきゃあ
何も始まらない。(-_-;)

ニュータイプやスーパーサイヤ人を
超えていかないといつまでたっても
仕事はたまる一方。(-“-;A ….

2021.08.21

強運?

サマージャンボに当選?

に近い確率じゃないかと思うくらいこの2カ月で
3個もスターターモーターの故障

ドカの場合、セルモーターがエンジンに3本のボルトで固定されているが
そのうち2本は左のエンジンカバーの中にある。

もちろん、カバーを外すにはエンジンオイルを抜く。

冷却水を抜く。
</

最近は合わせ目のガスケットはなく、液体パッキンでくっつけているので特殊工具がないと

なかなか取れない=ガスケット剥がしが大変(;´・ω・)

そして、現れた3本?の固定ボルト...1個、隠れてる(-_-;)

しかし、セルモーターが固着して動かない。
ピニオンギアを外して、ギヤを動かす。

ギヤを回すと3本目のビスが現れる。
(この前やったモンスターはフライホイールも外さないと取れない構造)

ようやく外したセルモーターはイカレテル。

2台目も一気に。またオイル抜いて~(;´Д`A “`
(空冷はオイルのみ抜く)



今回はギヤは動くが、ゴリゴリと力もない。(インスタに動画あり)
分解を試みようとした瞬間。

 

ブシャー!

 

とイカスミのような真っ黒な液体が(通常は中はドライ)

見たこともないような異常な摩耗。

パニガーレなど新型のエンジンは国産バイクのように
外から2本のボルトで止まっているので外しやすいし
モーターも新型で壊れることも皆無。

旧タイプはとにかく外すのに一苦労。

1個は日本製。2個は海外製。
4個目?5個目?があると単なる運ではない...(-“-;A

Next »