Home > 1199シリーズ
2022.06.26

無題?

言いたい(書きたい)ことは山ほどあるが…

手を止められない(-_-;)

そろそろ、右腕が千切れそう…

2022.06.19

拒否反応

ライテックはスクーターはやらない。

作業が難しかったり、面倒なくらいネジがたくさんあったり
整備性が悪いものは仕方がないが無駄に時間を費やす作りのものは
体が受け付けない?

知り合いの店の話だが(-_-;)
センタースタンドしかないバイクにサイドスタンドを
付けるだけの作業。

説明書には、いや~な気配の説明が...

サイドスタンドがアンダーカバーに干渉するのでカットする指示。

カットって、店長はモデラー?だから出来るけど
最初っからカットしとくか、しやすいようにしとくとか。
最近は人任せな商品が多くて困る。

っていうか、この部品外すのに何でここまでばらさなきゃなんない(-“-;)

お客さんからいっぱいもらうしかないか?
まあ、知り合いの店の話だが...(-“-;A

2022.06.03

下取り車

整備が多すぎて、下取りしたバイクがどんどんたまっていく(-_-;)

下取り車も、店で売るにしても、オークションに持っていくにしても
ある程度仕上げなければならない。

最近、オフロードブーム?だけにセカンドカーにいかが?

店長号も林道に全然行けてないから、ついに売りに出たか!?
(もう1台の極秘マシンは1月に投入してまだ乗れずじまい(;´・ω・))

今回入庫したCRF250Lはなんと!走行380km!昨年、6月登録のほぼ新車。
興味のある人は急いで店長まで

置き場がないので、反応がない場合はすぐにオークションか?

2022.05.30

故障?

ちょっと沈黙し過ぎたか、店長の容態を心配する声が
ちらほら聞こえてくる今日この頃(・・;)

”しばらくの間お休みいたします”=”寝る間も惜しんで働きます”

みなさんが、想像している以上にバリバリ働いている。

閉店時にお店にバイクが入らないとこまるので
入場制限?苦肉の策だ。
それでも、なかなか作業が進まない。

WHY?ナゼ?

バイク屋が少ない?売ってるだけの店が多い?壊す人がいる?
いろいろと、あるのだが

ハァ~(最近は店長の言いたいことが皆さんもおわかりのようで)

タイミングベルト交換で、マフラー外し?

エアクリーナー交換で、オイルクーラー外し?

余計な作業とネジが多い。
(エアクリーナカバーのなかにさらにネジが)

もうちょっと頭使って設計してくれないと、1分で終わる仕事が10分かかる。

10cm四方の面積の中に何個かはネジ径は同じでも、ネジ頭のサイズがバラバラで
4種類も違う工具が必要。3mm、4mm、5mm、6mm。(-_-;)

他にも最近のモデルのビスはトルクス(星型)や低頭のビスが多く
工具のかかりが浅く、甘いためなめやすい。

ネジロックも強烈なところはヒートガンで暖めるが中途半端な暖めじゃ
まず取れない。ディスクボルトなどはホイール全体がチンチンに
熱くなるまでやってようやくとれるが

バカみたいに締まっていて工具やネジが負けることも

(店長の気持ちを歌にしてみました)「と」を「も」に変えて
もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで~♪

まわって、まわって、まわって、まわ~る~ぅ~う~う~♪

もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで、もんで~♪
(おっぱい、もんでいるわけではなく、ドリルでもむ?ってこと)
まわって、まわって、まわって、まわ~る~ぅ~う~う~♪
店長が壊れていく~

この作業で工具だけでなく、ヒジも負けて故障か?

こんな作業ばかりではいつまでたっても進まないが
6月11日頃には店開けられるようになるか?

2022.05.18

トラブル回避術

毎日~♪毎日~♪僕らは鉄板の~?
って口ずさむくらい、毎日、毎日修理で
パーツの更新も、ブログの更新も手が出ない。

作業が終わったと思えば、レッカーで続々と
運ばれてくる。(-_-;)

トラブルを歓迎する人はまずいないと思うが
未然に防いだり、損傷を拡大させない回避術がある。
外車は良く壊れるというのは間違いないが(否定しない)
店長のバイクはトラブルに見舞われたことはない。

なぜか!?

隅から隅まで、きれいにしているから。
当然、サーキット走行やハイペースな走りで
メンテナンスを必要とするので常に最高のパフォーマンスが
発揮できるよう点検しているがほとんどの時間が
清掃から磨きだ。


とくに、汚れやすい足回りは入念に。
ブレーキ周りはお客さんは、あまりいじらないほうがいい。
(自分でやって不調にするパターン多し)


オイルが漏れると高くつくサスペンション周りは走行後
ホコリを取る程度でいいので磨いておきたい。

そして、一番よごれるチェーン周り。

チェーンオイルを注すのは良い事ですが、ほとんどの方が注し過ぎです。
これは、注しすぎたチェーンオイルとチェーンオイルに付いた砂やホコリの
かたまり。

どれだけ付着していたかきれいにするとわかる。

砂やホコリの混ざったじゃりじゃりしたチェーンオイルが
各部のスライドする部分やオイルシールに付着し傷をつけ
オイル漏れを起こす原因に。

いっぱいチェーンオイルを注しても走ると遠心力で飛んでってしまい
リアホイールやシートカウルが真っ黒に。
1周注せばOK。つけ過ぎたら余分はウェスで拭きとる。

カウル類もワックスつけ過ぎるとヌルヌル、ベタベタしてホコリを
呼び寄せキズが付きやすくなり。
とにかくケミカル類は、化粧のように薄く、薄く。
われわれは業務で使うのですぐになくなるが
一般の人が使う分には1本あればかなり長く使えるはず。

いつも、きれいなバイクはトラブル知らず!

Next »