« | »

2021.10.25

ホント?にあった怖い話

最近のバイクは機能性よりデザイン重視のバイクが多く
整備性がひじょ~に悪い。

カウルの脱着から

センターロックで、ナット1個外すだけで
ホイールが外れるはずの片持ちスイングアームも
マフラーを外さないと外せないありさま。

それが、帰れない理由?

他にも、あきらかに人災と思われる整備。
ドレンホースが、ちゃんと通っているかエアでチェックすると
ドレンホースの下側からエアの気配がない。

フランジを外してみると、2本のホースがつながっていない。

これでは、雨や洗車の水がタンクの中にダイレクトに入るだけでなく
ガソリン満タンにしたら子のホース伝ってガソリンが出ちゃうので
火災の危険性が∑(=゚ω゚=;) マジ!

すでに、水が入った痕跡が(-_-;)

壊す人が、いれば当然仕事はエンドレス?

深夜にわたる作業で、静まったピットに霊気を感じる店長。

次の瞬間、目を疑うものが

破れた障子か?ε=\__(ΦωΦ)_ ズコー

これも、ある意味人災?

本当はこんな形状と色?(もちろん右側)

メンテナンスを怠ると幽霊が出る?じゃなくて、エンジン壊れる?
そのままエスカレートすると店長も壊れる?
(今月はまだ1日しか休みが取れていない(-_-;))

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.