2018.09.18

筑波コース1000からの脱出

予想に反して猛暑日となったDUCATIマガジンDAY。
開場直後からものすごい数のお客さんで水分補給している間もなく
あっという間に終了。

朝、4時に集合し早朝から手伝ってくれた常連さんの体も乾ききっていたが
会場の販売機はすべて売り切れ。早くここから脱出して一息つきたい思いで
大量に持ってきたパーツの片付けとテント類の撤収。

いつもは一番ビリになるのだが(店長がたくさん積んでくるので)
今回は皆、体が危機感?を感じているのかあっという間に
片付き「まずは水分補給とうまいもの食べて帰ろー!」

すると2輪のパーキングの方から助けを求める声が

よく見るとライテックのお客さん。エンジンがかからず
しかもキーをオフにしてもセルが回り続けて止まらない?
現場に駆けつけるとキーがオフなのにクランクが回る音。
しかし、ずっと回っているのですでにバッテリーの力はない。

このままレッカーをしていきたいところだがトランスポーターは
ショーケースとパーツでフル満タン。ロードサービスにも入っているが
すでに周りは薄暗くイベント撤収スタッフの車が残り二台。
このまま1人ここに置いていくわけにいかない。

その時、店長は気付いた。また”整備の神様”のいたずらだと。
それならば解決してやる。
しかし周りの常連さんを見るともう乾ききっていて下手をすると
全員で遭難?することになる。

早急な診断と対処が求められる。しかし相手はイタリアのB車。
原因が分かっても部品がなければ直せない。
待ち時間を考えたらレッカーも手配して同時進行するか。
いや、整備の神様の気まぐれに乗っかるわけにはいかない。
まずは原因を探るため早速作業開始!

主原因はである箇所はすぐ見つかった。ただその部品がついている場所が
車体の下でサイドスタンドの左側のためリフトのない現場で地面に這いつくばり
ながらの作業。常連さんも乾いた体でバイクを起こして
少しでもやりやすい作業を作ってくれる。

問題の部品はスターターリレー。

セルボタンのついている車両にはみんな付いている。
比較的だめになることが多いのである程度原因を絞る事は容易だが
代わりになるものがあるのか?
基本的にはどのメーカーでも同じような構造・形状・サイズをしているが
配線の部分だけはメーカーごとに大きく違う。

しかし、ここは陸の孤島?サバイバルゲームのように木の実になっていたり
海の中に潜って獲れるものではない。我々の手持ちは展示で持って行った
お店の白いPANIGALE。
すでにトランポに積んでしまいその上から他の荷物も乗せているため
それを降ろしてまたカウルを外して、そこまでやって使えなかったら...

どうする、降ろすか。みんなの視線が一気に集中する。
こんなに山ほどの、パーツを無駄に積んできていて...ん?
無駄?山ほど?店長はトランポに駆け寄りガサガサあさる。

ジャンク部品の箱からあさり出したものは
こんなものまで持って行くのと言われた

749Rのメインハーネスの中古品。
そこにスターターリレーが付いていた!(とったどー!)
配線の形状を見ると似たカプラー。
早速バイクに付けると”シンデレラのガラスの靴”のようにぴったり!
そして、エンジンが無事かかるとみなで歓喜した。

しかし、早朝からの睡眠不足でお店まで戻るのがやっと。
いま、みんなが欲しのは美味しいものより、フカフカの布団。
”整備の神様”には勝ったが、美味しいものはお預けとなった。

追伸
きっと来年もまた、大量のパーツを持ってくるだろう...(-“-;A

2018.09.16

閉店セール?

お店からパーツが消えた!

明日は筑波コース1000で
ドゥカティマガジンデイ。

閉店セールではなく出店のため大量のパーツを準備したが

積めない(-_-;)

9時半開場、3時終了と短い
時間ですが皆様のご来場お待ちして
います。

2018.09.16

紅の豚?

「飛ばねえ豚は、ただの豚だ?」

最近、お立ち台で飛ばない豚?となっているDESMOSEDICI RR。

忙しさを理由に、半年?いや1年?放置プレイでエンジンもかからず。
(本当は、飛ばねえ豚は自分自身?)

今年はついにPANIGALE V4として4気筒が通常ラインナップに登場。

トラクションコントロールもオートシフターもウィリーコントロールも
ついていないDESMOSEDICI RRはやや影が薄い?
(2008年モデルなので10年の差がある。)

そんな飛ばない豚に挑戦状?

22日のFISCO走行会で(正確にはMVアグスタの走行会)
直接対決の話が。

明日のDUCATIマガジンDAYで勝敗の予想票を取ってみるか?

って、その前にブースの準備か!
今年も、掘り出いものいっぱい持っていきますので
投票&来場お待ちしています~

< (_ _)>< (_ _)>< (_ _)>

2018.09.14

SBKフロント周り 完結?

9月はイベント目白押しでピットに監禁状態。
カウンター業務が...

予想通り長くなってしまったフロント周りの話の続き。
フロントフォークのOHLINS化は比較的やりやすかったが
ラジアルマウント化になると、やや難題。

通常のマウントとラジアルマウントではホイールセンターから
ディスク面までの距離(オフセット)が違う。
両方タイプのディスク板を平らなところにおいて比べると
これだけ違う。

右が1198などのラジアルマウント用で左が916などの通常マウント。

左がラジアルマウント用のオフセット。

ラジアルマウントのほうが、オフセット(段差)が深いのでディスクの
インナーを作り直せばよいのだがコストと時間がかかる。
それであれば、ディスクをラジアルマウントの機種からまるまる交換?
したいところですが、通常フォークモデルのホイールはディスク取付穴が6個。

ラジアルマウントフォークに使われるホイールのディスク取付穴は5個。

しかし、インナーディスクを作ることなく容易にする方法がある。
ディスク取付5穴のフロントホイールごと交換すればボルトオン!
しかし、ここでまた問題が。

916シリーズや昔のモデルはスピードメーターの検出をフロントシャフトから
ケーブルでやっているのに対し

ラジアルマウントモデルはリアのホイールからセンサーで検出しているため
フロントシャフト周りをこまごまやる必要がある。

メーターをスタックなどに変更していれば問題はなく、純正メーターの場合は
シャフトやカラーの調整が必要。


フロントホイールに関してはほぼ、3.50×17インチなので互換性はあるが
マグネシウムホイールをすでに使っている場合はフロントのみ交換するのは
コストの問題があり抵抗がある?

DESMOSEDICI RRのフォークを入れた996Rはマグネシウムホイールだったので
6穴のラジアルマウントオフセットのインナーを製作。

やっぱりこの話は、長くなる...ゼイゼイ、ヽ`(~д~*)、ヽ`…

2018.09.11

告知

先週末は筑波でレースがあり、来週の月曜はドゥカティマガジンデイ
また筑波のコース1000のほうで開催される。

準備もしながら、日常の作業も急ピッチで進行。



終わりそうなスケジュールではないので、9月から中作業日を増やし
14時~20時営業に変更したが正確には10時~3時?(@Д@;

今月に入ってから、転倒修理車も急増。
ハンドル交換で入庫した車両もハンドル交換はすぐに終わったが
バーエンドのネジがなめていて、ネジを取るのにハンドル交換より
時間を要す...|||(-_-;)|||||


予定通り進まないのがバイクの修理。
「今日はこれくらいで、あとは明日」という感じは全くなくマグロのように
作業し続けるしかないが、いろいろ告知もしなくてはならないので
今は手を休めて?

17日のDUCATI magazine DAYはブースを出店するため
お店はお休みになります。14番ブースです!
当日は10:00~15:00(9:30開場)
入場無料なので皆さん是非お越しください~
掘り出し物いっぱい。≠( ̄~ ̄ )

そして、MotoGP日本グランプリも近付いてきたので前売りチケットの受付を
9月20日で締切いたします。
まだ、購入されていない方はお早めに!

さらに、22日のFISCO決戦 vs PANIGALE V4 までに火は入るのか?
まさかの棄権か?

沈黙のDESMOSEDICI RR。
あまりにも、稼働していなかったのでダンマリ中。(-“-;A

Next »