« | »

2018.04.16

レーサーの作り方 その1

レーサーというなの練習マシン。(ー ー;)

火曜までカウントダウン状態。2日で仕上げる簡単仕上げ?
閉店後も中々手が出せないので、昼間中古車の洗車している間
リフトが空くのでオイル交換。エンジンを暖めオイルを抜きやすくしたが
昼間は飛び込み作業や接客で何度か暖め直してようやく交換。
(抜いただけであとは閉店後(>▽<;; )

いつものお弁当の暖め直しと同じ...(-“-;A

そして、閉店後。
まずは、いらないものを外し徹底的に軽量化!
レーサーになるとメンテナンスが頻繁に必要なので
余計なものを外すことで整備性も向上する。

かなりボロボロの車輌を手に入れたがリアサスからオイル漏れでオーバーホール。

今回はロッドのメッキが剥がれていて高くついた。今回のコンセプトは簡単格安?レーサー。

サーキットを走るならオイル漏れしていなくともサスペンションはしっかり
チェックしたい。

同じくエンジンもタイミングベルト・エンジンオイル・スパークプラグ交換で
リフレッシュ。

スパークプラグは真っ黒。これで走っていたのか?

いよいよグレードアップパーツ装着と行きたいところだが、スイングアーム、チェーン回りの汚れがひどい。
細かいパーツは外して洗浄。

汚れていても、整備性が悪いのでレーサーは細部まできれいに。

エンジンオイルを補充し、ドレン類はワイヤリング。スポーツ走行でもこれくらいはしたい。


つづく

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.