Home > 11月 20th, 2014
2014.11.20

GP Machine

結局、おとといは保安部品を外しただけでは済まなかった...

クラッチ

ブレーキ

こんな時クイックカプラーでキャリパー単体になるのは助かる。

やっぱり走行毎メンテはまるでレーサー。
結局、徹夜で筑波まで...(@Д@;

1回目の走行は8:30~
気温は8℃彡(-_-;)彡
タイヤそれぞれ発電機1個仕様(正確には使用(; ̄ー ̄A )

そこまでやっても、1回目の走行はCBR250RやNinja250のカモ?
タイヤのグリップ感がまるでなし(←ゆっくりなので当然)。
新しく試したパーツもうまくいかず再調整。

2回目の走行は気温も上がり、タイヤのグリップ感も得られ
たが、まだまだリハビリが必要?
とにかく、チャリトレや筋トレより筑波に通う事が必要だと痛感。
それでも、やっぱり外気温は20℃は欲しい~

昔はGP500ccに憧れ、いつかは世界GPなんて夢も見ていたが夢破れ、
ただ、ただ、ファクトリーマシンに憧れ、D16RRを手に入れた。
とても乗りこなせないが、それが限りなくファクトリーマシンに
近い証しなのかもしれない。(←今頃気付いたか!)

行く前は、普通の体だが、走行後は、体がボロボロ。
たった25分2回走っただけなのに..._| ̄|○、

そんな体にムチ撃って、帰りにオークションでトレーニング?バイクGET。

家に辿り着いたときは夢の中...
次回はしっかり睡眠を取って走行に挑む。