Home > 11月 19th, 2016
2016.11.19

ベアリング

オートバイには回転する部分がたくさんある。

エンジンはクランクシャフト・トランスミッション・クラッチなど。
dsc08109

車体はホイール・ステアリング・スイングアーム
(くるくるは回らないがシャフトを軸に回転運動)

回転部をネジで締めたら動きが悪くなるので“ベアリング”という
部品を各パーツに組み込むとスムーズな動きにすることが出来る。
dsc08111

ベアリングはネジとかで止めるのではなく、主要パーツに圧入という方法で
組み付けられているので容易には取れない。
もちろん、簡単にも外れないので専用の工具で、付けたり外したり。

ホイールの回転をスムーズにするホイールベアリングはホイールに圧入されている。
dsc07946

外すときは写真のようなプーラーで引っこ抜く。
(つかむところがないので中心の穴に専用工具を入れ広げて引っ張りだす。)
dsc08039
dsc08041
dsc08042

入れるときは、プレスで押し込んだり、裏技でいれる。
(叩き過ぎや、まっすぐ入れないと動きがシブくなる)

ステムのベアリングは叩いて外して、専用工具で圧入する。
ホイールベアリングとは違い3つの部品構成。
dsc07952

まずフレームに、レース(土台を圧入)。
dsc07949

専用工具ではさみ込む。
dsc07953
dsc07954
dsc07955
dsc07957

ステム側にボール状のベアリングを圧入。
dsc07958

車体周りのベアリングはシールがあっても、水がしみたり、劣化してくるので
洗車や雨天走行が多い車輌や2万キロ以上走っている車両は動きが
シブくなっていることが多いです。